フォト
無料ブログはココログ

過ぎ去りし日々

2012年5月 5日 (土)

ユーミンを聴きながら

GW、三男と岡山へ帰省しました。

 

その中の一日、両親と一緒に訪れたのは

「日本のエーゲ海」と呼ばれる牛窓

2012050316400000 
  

父の仕事の関係で、

私が3歳のころ

この町に住んでいました。

 

   
  

観光地として、

おしゃれで賑やかになったこの町も、

一歩中に入れば昔のままの通りが。

先には穏かな海。

 

ここは、

幼かった私が、

弟と手を繋いで歩いた路地かもしれません。

 

  
  

2012050316470000_13
湾の向こうには、遥か昔のGWに結婚式を挙げた白いホテル。

1年後、弟も挙式しました。

 

 

昔住んでいた場所を辿るのは何ともいえない郷愁の想いがあるものです。

最近特にその想いが強くなってきたのは、

私が年をとった証拠なんやろなぁ・・・ちょっと悲しい think

2012年2月22日 (水)

嫁入り道具

P1140001  二十数年前、

  嫁ぐ時に持って来た砥石です。

 

 母か祖母が何年も使った後の物なので、

 中央部分が凹んでいます。

    

電動の包丁砥ぎ器も持っていますが、専らこの古い古い砥石を使っています。

 

大工だった祖父、それから両親が様々な道具を砥いでいたやり方を真似て、

まるでかなりの腕の料理人になったようにシュッシュッと砥ぎます。

作業に集中していると、なんだか心が静まります。

  

先日『必殺仕事人2012』で、松岡くん演じる経師屋の涼次が、

筆に仕込んだ仕事道具の錐をシュッシュッと砥いでいたよ shine

2011年4月 2日 (土)

思い出の池

息子たちが通った小学校にある池。

上から見ると『心』という字になるように、

池・花壇・石を配置してあるそうだ。

2011031811120000_2  この池、卒業までに

  ほとんどの男子が落ちるsweat01

  落ちた子は体操服に着替える。

  冬だと親が着替えを届けに走る。

もちろん、我が息子たちも全員落ちた。

 

長男は誰かに押されて。

   

次男は無謀にも向こう岸に飛び越えようとして。

 

三男は・・・

低学年のある日、髪が濡れ、上の服だけ体操服で帰って来た。

三男 「池にはまった coldsweats01

私   「 sign02 何で上だけ着替えてるの?」

三男 「池の中を覗いてたら頭から落ちた」

身体は地面に残っていたらしい。

頭が重いんやね。

   

思い出の池ともとうとうお別れ confident

2010年9月27日 (月)

長いお休み、そしてこれから

楽しく綴ってきたこのブログ、
とても長い間放置してしまいました。

パソコンに触る事さえも
避けてきた日々でした。


先週金曜日、退職しました。


4月のある事件により、
退職の意思を固めた私でしたが、
周りの温かい言葉に支えられて
仕事を続けていました。

私自身、あまり落ち込まない性格だし、
つらいとは思っていませんでした。
でも、
身体に影響が出てきたのです。

それとともに、
毎日の家事と子育て、
そして仕事だけで精一杯な日々になり、
パソコンを開く心の余裕が無くなって行ったのです。

これ以上続けていては、
きっと私が私ではなくなる。

そう思って、
退職を決意したのです。


やったー!
スッキリしたよ!!



心機一転。
このブログは引越しします。
引越し先は後ほど。
もしよかったら、
これからも宜しくお願いします。

2009年7月14日 (火)

白くなったチョコレート

チョコレートが好き。

高級チョコでなくても全然かまわない。

小さなかけらを口に入れた時の幸せ感 ハート



パッケージの注意書き。

 チョコレートは高温で中のココアバターが溶け出し、

 冷えると表面に白く固まることがあります。

 品質には差し支えありませんが

 本来の風味が損なわれることがあります。




私はこの表面が白くなったチョコレートが好き。





遥か昔。

離れて住んでいる小学生の私の為に、

祖父が買って置いてくれた板チョコ。

いつ来るか分からないのに。



一度溶けて固まった為、

受け取った時にはいつも白くなっていた。



でも・・・美味しかったな~。





おじいちゃんが亡くなってもう20年。

私は時々、わざと白くしたチョコレートを食べる。


2009年1月23日 (金)

指紋

会社からパソコン パソコン を貸与された。

これを起動させるには指紋認証とパスワードが必要で、

先日指紋登録をした。



それで思い出したのが、20年近く遠い昔。





その日、私は警察官によって指紋を採取された。





・・・いや、私は罪を犯したわけじゃない。

当時勤めていた会社に空き巣が入ったせいだ。



被害の発見者は私の前に出勤した社長の運転手。

事務所のドアの鍵が壊されて、

机の引き出しが全部開けられていた。

被害は僅かな現金。

発見者の彼が110番した 注意



すぐに到着した警察官数名。

一人がアルミニウム粉末をポンポン。

TVドラマでよく見る光景。



一人が従業員から事情聴取。

そして指紋採取。

従業員と犯人の指紋を区別する為に採取されたというわけ。





私は質問した。

「将来、もし私が犯罪を犯して指紋を残したとしたら、

 この指紋と照合されるんでしょうか?」



警察官曰く。

「この指紋はこの事件にだけ使用するもので、

 保存や登録はしませんよ」



へ?え。





その後・・・

社長が出勤してきて、

自分の許可もなく警察に電話したと運転手を怒っていた。



犯人は私が退職するまで見つからず。

2008年9月17日 (水)

コンパス

小学4年生の三男は、

算数で メモ コンパスを使って

二等辺三角形を書く事を習っています。



イマドキのコンパスは、

私が使ってた物と比べて便利でカラフル。

線を書くのはシャーペンですゾびっくり



2006年10月16日 (月)

懐かしの味

1b85414d.jpg
実家の山で採れた柿と栗です。



この柿は愛宕柿(あたごがき)という種類だと思うのですが、調べると渋柿と紹介されています。

でも実家のコレは渋抜きをしなくても甘く、中には餡がたっぷり入っています。

・・・というと「餡はてな」と驚かれるでしょうが、切るとアンコ色の斑点があり、これがたくさんあればあるほど甘い証拠なんです。



この柿の木は老木です。

小学校時代の私や弟、そして父や祖父も登って実を採りました。

我が家の歴史を見続けた古い木なんです。

見た目は悪いし、富有柿等に比べて素朴な味で種は嫌になるほど多い・・・落ち込み

でも私にとっては、ひと口かじると幼い頃の自分や祖父母との思い出が蘇る、懐かしい懐かしい柿なんです。

2006年9月20日 (水)

キモかわいい

c1fb32fb.jpg
これは・・・何でしょうはてな



数年前マンションの有志でフリマをやった時、以前雑貨屋さんをしていた友達が出品した物です。

インドネシアで買い付けたとか。

モチロン売れ残り品。



何かを嘆いているかのような、もしくは、な?んにも考えていないような虚ろな目。

異常に細長い腕。対照的に太くて短い足。

頭と背中の壷には穴が開いていて、魔法の煙がぽわぁ?んと出てきそう・・・



こんなキモかわいい脱力モノに滅法弱い私。

自分が出品していたグラスヘネシー(主人のをこっそりくすねたウインク)と交換してもらったのです。



025274cc.jpg
一番気に入ったのがこのお尻びっくり

うぅ、かわいい・・・笑顔



いつか飲もうと楽しみに置いていたヘネシーが、こんな変な物と交換されたと知った時の主人の顔といったら・・・ダンス



でもね、鑑定してもらったら、意外とすっごいお宝かもしれないよびっくりキラキラ

2006年8月24日 (木)

彼の声

その声に魅せられたのは19歳。

過激な言い方だと承知で書けば、

子宮が痺れた。



その声の主は浜田省吾。

顔も歌も話し方もファッションも、彼の全てが好き。

そして声が大好き。

コンサート・レコード・音楽雑誌・夢の中でデート。

コネでコンサートのステージ裏にも入れた。

私の20代前半は彼の歌で彩られた。



結婚した相手が嫉妬して、彼の歌を聞くと機嫌が悪くなるので、

聞く回数がぐんと減った。

子どもが産まれるともっと減った。



そして今、平凡な日常の生活の中、

予期しないところで彼の声を聞く度、私の心は震え、

あの頃と同じように子宮が痺れるドキドキ大

より以前の記事一覧