フォト
無料ブログはココログ

« コレクション | トップページ | 卒業の朝 »

2011年3月 5日 (土)

父母の手

実家の両親が来阪 car

たくさんの野菜や米、つき立てのお餅などと一緒に。

こちらでも当然買えるラップや洗剤なども持って来てくれる親心。

   

前からしてあげようと思っていたジェルネイルを母に施す。

2011030716280000  土いじりで汚れる手を

 綺麗にしても勿体ないだけと言う母に、

 だからこそ取れ難いジェルネイルがいいんよ、と

 説得しながら次々に道具を並べた。

    

 母も女。

 色とりどりのラメやストーンに興味深々heart02

   

 滅多にできないんやから、

 思い切ってキラキラにしてあげるね。

 ゴールドでゴージャスに、

 親指と薬指にストーンを光らせたshineshine

出来上がるとしげしげと指先を見つめ、嬉しそうな母。

父に見せびらかしている。

  

今度はお父ちゃんやで。

前から爪が割れて痛いと困ってたやろ?

その指だけ透明なジェルを塗ってあげる。

割れるのを防ぐからきっといいよ。

  

父は素直に指を出す。

友達のナントカさんは割れた爪に娘の赤いマニキュアを塗っとった。

痛いよりマシじゃからな。

  

  

大人になってからは、滅多に触る事のなかった両親の手。

ネイルのおかげで照れもなく触る事ができた。

お母ちゃんの小さな爪。

シワが目立つけどスラリとした指。

柔らかく温かい掌。

   

お父ちゃんの大きな爪。

縦に線が入ってるけど思ったより綺麗な形。

ゴツゴツとした厚みのある掌。  

   

   

また大阪に来たら塗ってあげる。

二人の専属ネイリストになるからね。

« コレクション | トップページ | 卒業の朝 »

コメント

良い親孝行が出来ましたね。
普段触る事のないご両親の手。
その手でチョコミントさんは育まれて大人になり
また子供をもうけて親になったのでしょう。
苦労された手を愛おしむように
きれいにしてあげたチョコミントさんも優しいですね。

優しいネイリストhappy01
また来て下さるといいですね!

くー泣けるゼイ。
ゴージャス母娘じゃないですか、しかもお父さんまで・・・やるー。
7年前に父を亡くしたので、両親揃っての親孝行ができない身としては、チョコミントさんの行為が羨ましく感じます。私も親父が生きてる時にネイルしてあげれば良かった?
来阪されたご両親が持参された品々に、親心を痛感します。
暖かい話に感謝crying

club pochikoさん
私は若い頃両親に反発ばかりしていました。
心配と苦労をかけたと今になって後悔しています。

父は先日75歳になりましたが、
自分でcar運転して大阪に来てくれるんですよ。
本当にありがたく思っています。

club あきばばさん
両親がこちらに来てくれるのは嬉しいんですが、
父ももう年なので心配です。
日帰りするんですよ~!

club 又左衛門さん
両親が健在というのは本当に嬉しい事です。
友人たちも親を亡くしている人が多いので、
私は恵まれている・・・と、元気な両親に感謝しています。

綺麗な爪を母が「娘がしてくれた」と自慢してくれてると嬉しいんですがhappy01

御両親が来られているんですね。
昨日の地震は大丈夫でしたか?
うちも揺れました。怖かったcoldsweats02
まだまだ余震もあるので気をつけてね。

club キスミントママさん
お返事が遅くなってしまいました。
ごめんなさい。

10日からフルタイムの仕事(短期ですが)を始めたので、
PCをする余裕がありませんでした。
おまけに静岡で大きな地震があった時に、
長男がインターンシップで伊豆に滞在していたので、
無事に帰宅するまで何も手につきませんでした。

地震も津波も本当に恐いですね sweat01
被災地のニュースを目にする度、心が痛みます。

私も、両親の手に触れる事がなくなったなぁ。
優しい気持ちに、涙が。。。
素敵なエピソードを、ありがとうheart01

club yokatta*さん
コメントありがとうございます note
親孝行をできないままなのに、年をとってしまった両親。
時々しか会えないので、少しでも喜ぶ事をしてあげたいと思いました。

yokatta*さんのブログにもおじゃまさせていただきます happy01
どうぞ宜しく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1421066/39152949

この記事へのトラックバック一覧です: 父母の手:

« コレクション | トップページ | 卒業の朝 »